誕生ヒストリー
塩焼きそば“誕生秘話”

小松にはたくさんの美味しい中華料理店がありますが、60年前にはたった一軒のお店から始まりました。その店の店主は、小松にはない美味しい料理を求めて、中国各地、日本全土を旅して回ったそうです。そうして出逢った「チャーメン」という中国の炒めそば。これだ!と思った店主は、「給料はいらないから作り方を教えてほしい」と懇願して、丁稚奉公の修行をすることに。そして、チャーメンを元にさらなる美味しさを追求して、誕生したのが『塩焼きそば』です。

大将”
誕生ヒストリー
1931年

清ちゃん、秋田県にて生まれる。その後、親類の縁で
小松に移住。

1953年

清ちゃん、22歳の時から東京を中心に中華料理店で
修行を始める。

修行中に現在の塩焼きそばの原型を思いつく。

1955年

清ちゃん、24歳の時に小松に戻り、屋台でギョーザと焼鳥を炭火で
提供。

1959年 4月

清ちゃん、1959年4/10に開店となる!

ここから、小松名物塩焼きそばの伝説が産声を
あげる!

1961年 5月

勝ちゃん 開店

1967年 2月

南栄 開店

1971年 1月

珍龍 開店

1972年

小松中華組合発足 記念すべき初代会長は南栄!

1974年 5月

蘭々 開店

1976年 5月

なおけん 開店

1997年 10月

カンチ 開店

2007年

勝ちゃんの音頭で小松市立育松園などへの料理慰問を組合として
始める

2008年

小松中華組合青年部発足

2008年

「塩焼きそばを愛してやまない委員会」発足

2010年 9月

珍香楼シェアン 開店

2011年

東日本大震災の被災地への炊き出し慰問

2012年

家庭用「小松名物塩焼きそば」を監修

2013年

ふるさと祭り東京2013にて、9日間小松名物塩焼きそばの
実食販売を行い、来場者約38万人に小松の味を宣伝

2014年

さらなる小松名物塩焼きそばの発展と躍進!
大ブーム間違いなし!?





清ちゃん 勝ちゃん カンチ 南栄 なおけん 蘭々 珍龍 珍香楼シェアン
  • 麺

    60年前に小松の製麺所「中石食品」との共同開発で、苦労のかいあって誕生した太麺。生麺またはゆで麺を使用しています。

  • もやし

    シャキシャキした歯ごたえの新鮮なもやしは、小松のもやし専門業者である「有山食品」のものです。麺との相性は抜群!

  • おいしい理由(ワケ)
  • ネギ

    ネギは塩焼きそばのアクセントとして欠かすことのできない名脇役。もちろん、地元産を使っています。

  • 人参

    にんじんは塩焼きそばに彩りを添えてくれます。おいしそうな赤みがさらに食欲を増しますね。こちらも地元産を使っています。

  • 塩

    「塩焼きそば」だけに味付けは、もちろん塩です!絶妙な塩加減がきめて。60 年の歴史が生んだ味なのです。

  • 醤油

    小松の醤油蔵である越田醤油の「マルコ醤油」が定番です。香ばしいかおりづけに欠かせません。

食べに行こう!
小松中華マップ”

小松には美味しい中華料理屋がたくさんアルヨ。お店によって『塩焼きそば』のこだわりポイントも違ってたりして、面白いヨ。さぁ、食べ比べ、食べ歩きに出かけよう!

Map
勝ちゃん 蘭々 珍龍 なおけん カンチ 南栄 清ちゃん 珍香楼シェアン
  • 勝ちゃん
  • 蘭々
  • 珍龍
  • なおけん
  • カンチ
  • 南栄
  • 清ちゃん
  • 珍香楼シェアン

塩焼きそばレシピ
ダミー